フリーウエイト | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

痩せる筋肉には、『やっぱ、マシーンよりも人力だよね』って話

“やっぱりマシーンよりも人力だね。

世の中まだまだ、機械に全てを委ねてはいけない。ってよく聞く話ですよね。

人間の力は、底知れないところがまだあります。

筋トレも、同じことが言えるんです。

先日、近所にスポーツクラブが出来て、見学してきました。って言うか、ガラス越しに見たんですが・・・。

そこには、フィットネスマシーンが、ずら~りと並んでいました。

ウォークングマシーン、エアロバイク、そして、ジャングルジムのような筋トレマシーンです。

しかし、フリーウェイトのブースは「隅っこ」に追いやられていました。

このフリーウェイトのブースにも、「見覚えのある四角い囲い」があるのです。

これはスミスマシーンと呼ばれるモノですが、元々の名前の由来とはちょっと違うのです。

元々はスクワットトレーニングの名称なんです。

けれど、スミスマシーンスクワットトレーニングの話は別とします。

今回のテーマは、トレーニングマシーンですから。

このトレーニングマシーンはレールに沿ってしか動かないのです。

実は、この「レールに沿って」というのが問題なんです。

やっている本人は実感はナイのですが、「左右でより力の入りやすい方」で、ストロークしてしまうのです。

力の入れやすい方=筋力がある方です。

皆さん、学生の頃の握力測定とかで右手、左手で握力を図ると左右差がありませんでしたか?

これが脚でも存在するのです。

右足と左足で、太ももでの筋力差があるのです。

で、この筋力の差と、マシーンでレールに沿ってのトレーニングで、強い方ばかり強化されていくのです。

普段は気にならないかも知れないですが、太ももの太さに数字として現れます

左右の脚の太さを整えるようにするのがキレイ痩せのハズが、左右で太さが違ってしまってはキレイにはなりませんよね。

ですから、フリーウェイトでの筋トレを勧めているのです。

スクワットでのフリーウェイトの役割は一種の天秤です。

しかし、重量の差で傾くのではなく、筋肉の差で傾くのです。

より筋力が弱い方が下がってしまう天秤ですけど。

でもその分、弱い(天秤が下がっている方)は動かす量が増えるので、筋トレの強化になります。

ですから、「弱い方をより鍛えることで、左右均等な筋力がつく」のです。

ダイエットに最適なフリーウエイトって何?

筋トレはマシーンに頼らないことです。

最近オープンしたスポーツジムを覗いてきました。

今は、ランニングマシーンや、エアロバイクにTVモニターが付いていて、TVを観ながらジョグしたり、自転車漕いでいるんですね。

大したモノです。

そして、筋トレマシーンも、軌道をハズして危険な目の合わないようにレールの沿って動かすようなマシーンが多いです。

さて、最近のダイエット番組でも、「基礎代謝アップのための筋トレ」が注目されています。

しかも、筋トレでは、フリーウェイトを使っての筋トレです。

このフリーウェイトで難しいのが、重量の設定です。

だって、フリーウェイトを無酸素運動として、やらなければいけないので、軽過ぎては効果がナイですから。

しかも重過ぎて腰痛など、カラダを壊してしまっては、意味がないですよね。

じゃあ、どうするか?

まずは、自分の限界(1回で持ち上げられる上限)の重量をテストします。

1回です。
例えば「1回だけだったら、50kgは上げられる」とします。

そうしたら、その
50kg÷10=5kgを基準とします。

そうすると、5kgを「1」として10段階のランクが出来ますよね。

そのランクでレベル設定します。

ダイエットでは、レベル7~9段階ですから、5kg×7~9=35~45kgですね。

その重量で10回1セットとして、5セット~8セットやるのです。

もう、5セットあたりで、フラフラになってしまいますが、そのときこそ筋肉が成長している時なんです。

「でも、そんなにやったら、カラダを壊してしまう」って言われてしまいそうです。

ここでトレーナーの出番なんですね。

1発勝負のテストをしないで、「これぐらいが限界だろうから、10セットやるには、○○kgだな」って見極めて重量設定をしていきます。

しかも、トレーナーというサポートがいるから、安心できるのか「絶対ムリッ」って言いながら、ノルマを達成しています。

必ず言われるのが「1人だったら絶対コワくって出来ないけど、トレーナーがいると、引くに引けないしぃ。助けてくれるから出来る!」って言われます。

最初はキツイですが、段々出来るようになる達成感と、痩せてゆく喜びの2つが充実感になっているようです。

そして、通称「健康系ダイエット」と呼んでいますが、腰痛、ヒザ痛の人にはレベル設定を3~5くらいにします。

先ほどの、5kg×3~5=15~25kgくらいですね。

しかも、1セットごとに「腰が痛くないか?」とか、「ヒザ、つらくないですか?」などと聞きながらやっていきます。

ダイエットのスピードは遅いですが、でも、痩せていきますし、洋服などのサイズダウンを実感出来るので、安心やっていきます。

それに1番の目的の腰痛、ヒザ痛などが解消されていくので、喜ばれます。

自分で1人でやるのは、大変ですが自分の意思の強さがあれば・・・達成出来ますが、褒めてくれる人、関心を持ってくれる人がいた方が継続、ダイエット効果も高いのは、ここらへんにあるのでしょうね。

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » フリーウエイト