コルチゾール、朝の食事 | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

ダイエットの天敵コルチゾールって何?

コルチゾールって聞きなれないと思いますが、これがダイエットの天敵なんです。

これは、ホルモン物質なんですが、・・・空腹になると分泌されるんです。

空腹になると血糖値が下がります。
するとカラダは血糖値と一定に保つ為、カラダから糖分を奪うのです。どこから奪うか?・・・

それは筋肉からなんです。

この筋肉から奪う操作をするのが、コルチゾールというホルモン物質なんです。

これが何故ダイエットの天敵なのか?

それは、筋トレで、一生懸命、筋肉を強化して基礎代謝を上げているのに、
コルチゾールはその筋肉をそぎ落として血糖値を一定にしようとするからです。

筋肉から糖質を分解して血糖値を維持するんです。

これでは・・・何の為に筋トレしているのでしょうか?

ダイエットが目的で筋トレをやっているんですよね?
筋トレが趣味ではないですよね?

筋トレは 基礎代謝をアップさせるためにやっています。

基礎代謝をなぜアップさせる?はダイエットが目的です。

なのに、コルチゾールを分泌させて筋肉を削ってしまうのは悲しいですよね。

では、この、ダイエットの天敵!コルチゾールを分泌させない方法はナイのか?

ハッキリ言って、空腹の状態を作らないことです!!

「そんな~ダイエットしているのに、空腹時間を作るな!」ってぇ思うでしょ(*゚▽゚*)

何時もいていますが、「基礎代謝」>「摂取カロリー」ですが、ポイントは基礎代謝のアップですから、

摂取カロリーを抑えるのが目的では、ありませんから。

ですから、ちょいちょい食べを5食を勧めています。

なかには、1日中食事に追われているみたい・・・っていう方もいますけどね。

でも、筋肉を削ってまで、血糖値をコントロールするコルチゾールですが、
やはりカラダには、必要な物質なんです。

でも、これをコントロール出来ればイイですよね。

ちょこちょこ食べ+朝、起きて30分以内に朝食を食べることです。

寝ている時は食べませんよね。

しかも、夜は早い時間に食べるのもダイエットの原則ですから起きたときには

「お腹が空いて目が覚める」って人もいます。

「これは、コルチゾールがいっぱい分泌されているんだろーなー」って心配しますよね。

でも、安心してください。
寝ている時は分泌されません。
ケド、起きた途端に分泌され始めるのです。

ですから、顔洗って、トイレ行ってと用事を済ませたら即!朝食!!です。

これで、血糖値は一定をキープするのでコルチゾールの分泌は抑えられます。

モデルダイエットでは、起きて30分以内に食事をするようにとアドバイスしているようです。

ですので、「ダイエット中だから、朝ご飯なし」なんてすると、大変なことになります。

どんどん、どんどん、筋肉から糖分を奪ってしまいますから。

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » コルチゾール、朝の食事