2012年12月 のアーカイブ | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

あなたが痩せない3つの体質診断チェック

寒くなってきましたね((+_+))

運動しずらいですかね~?

さて、今日は、あなたがどうして痩せられないのか?

普段の生活から、見直してみましょう♪
見直すポイントは3つです。

①むくみ

朝、顔がむくむ人、夕方になると、脚がむくむ人とかいますよね。

あれは血流が滞っているからです。

朝、寝起きですから重力に関係ないですよね。

横になっているんですから、その状態で頭部に血液の流れが悪くなっているのです。

このむくみが冷えを起こさせるのです。

むくみとは体内の老廃物とくに液体物が、流れずそこに滞った状態をいいます。

例えば、ペットボットルの炭酸飲料水。

飲みかけでしばらくすると最初に比べてペットボトルが膨らんでいます。

その状態でキャップを開けると「プシュッ」と音を立てながらペットボトルが「キュッ」と元の状態にもどりますよね。

元に戻った状態がむくみを解消した状態で、これがむくみと同じ原理なんです。

しかも、このむくみが、カラダの冷えを起こすのです。

② 冷え症

この「冷え」の原因は①で書いた「むくみ」です。

その「むくみ」の原因は滞った液体です。

前回も、ペットボトルで解説したので、ここでもペットボトルで説明しますね。

空のペットボトルを触ると、今、あなたがいる室温と同じですよね。

でも、そこに冷たい水をペットボトルに注いでペットボトルを触ると、ペットボトルは冷たくなります。

これと同じことがあなたのカラダでも起きているのです。

ペットボトルが皮膚で、外気温が朝と昼で寒暖の差が激しいと、滞った水分が冷たくなっているのです。

こですから、この水分を滞らせないことが重要なんです。

そして、コンビニなどの冷たい飲みモノを避けることですね、とにかく日本の飲み物は、冷やす過ぎが多いです。

③ ストレス

「現代人はストレス」の塊といってもいいほどです。

お医者さんでも、困った時は「ストレスですね」っていえばすべて片付くと思っているくらいですから。

でも、このストレスが交感神経を刺激し続けているのです。

「ストレスが、かかる」ってイヤなこと、緊張することに、ストレスってかかりますよね。

緊張とか、イヤなことをやる時には交感神経が活発になるのです。

交感神経は、血管を収縮させ体温を低くさせます。

血行が悪くなるは、体温を下げるは良いことなしなのです。

ある意味、このストレスも冷え症のもう一つの原因です。

太っていることに不満、大幅減量の成功しないストレスも結果痩せにくくしている原因なのです。

さまざまな要因があなたの大幅減量の邪魔をしているんですね。

これらの体質を改善しないと、なかなか痩せないことがが多いです。

あなたは、いかがでしたか?

痩せる筋肉には、『やっぱ、マシーンよりも人力だよね』って話

“やっぱりマシーンよりも人力だね。

世の中まだまだ、機械に全てを委ねてはいけない。ってよく聞く話ですよね。

人間の力は、底知れないところがまだあります。

筋トレも、同じことが言えるんです。

先日、近所にスポーツクラブが出来て、見学してきました。って言うか、ガラス越しに見たんですが・・・。

そこには、フィットネスマシーンが、ずら~りと並んでいました。

ウォークングマシーン、エアロバイク、そして、ジャングルジムのような筋トレマシーンです。

しかし、フリーウェイトのブースは「隅っこ」に追いやられていました。

このフリーウェイトのブースにも、「見覚えのある四角い囲い」があるのです。

これはスミスマシーンと呼ばれるモノですが、元々の名前の由来とはちょっと違うのです。

元々はスクワットトレーニングの名称なんです。

けれど、スミスマシーンスクワットトレーニングの話は別とします。

今回のテーマは、トレーニングマシーンですから。

このトレーニングマシーンはレールに沿ってしか動かないのです。

実は、この「レールに沿って」というのが問題なんです。

やっている本人は実感はナイのですが、「左右でより力の入りやすい方」で、ストロークしてしまうのです。

力の入れやすい方=筋力がある方です。

皆さん、学生の頃の握力測定とかで右手、左手で握力を図ると左右差がありませんでしたか?

これが脚でも存在するのです。

右足と左足で、太ももでの筋力差があるのです。

で、この筋力の差と、マシーンでレールに沿ってのトレーニングで、強い方ばかり強化されていくのです。

普段は気にならないかも知れないですが、太ももの太さに数字として現れます

左右の脚の太さを整えるようにするのがキレイ痩せのハズが、左右で太さが違ってしまってはキレイにはなりませんよね。

ですから、フリーウェイトでの筋トレを勧めているのです。

スクワットでのフリーウェイトの役割は一種の天秤です。

しかし、重量の差で傾くのではなく、筋肉の差で傾くのです。

より筋力が弱い方が下がってしまう天秤ですけど。

でもその分、弱い(天秤が下がっている方)は動かす量が増えるので、筋トレの強化になります。

ですから、「弱い方をより鍛えることで、左右均等な筋力がつく」のです。

あなたが痩せない本当の理由

あなた本気?((+_+))で痩せたい?

今のTV番組でも、高視聴率を誇るのが「ダイエット情報」です。

○○ダイエットとか、△△が痩せるって情報が入れば、スーパーでは売り切れ続出しますから。

ダイエット本も有名芸能人とタイアップ?なのかその芸能人が実践しているのか?

帯にタレントさんの推薦状があるだけでベストセラーになります。

あなたも2、3冊?それ以上?ダイエット本を持っているハズです。大幅減量を目指しているのですから。

でも、ホントにあなたは痩せたいと思っていますか?

何のために痩せたいのか?痩せたい理由がありますよね。

漠然と「痩せたい・・・痩せない・・・」って言葉を繰り返していませんか?

「親が作ってくれない」とかが痩せない原因っていうなら自分で出来る限りやってみればイイのです。

「料理が苦手」とか、痩せない理由を探していませんか?

皆さん、料理の話をすると心配しますが「実際やってみると楽ぅ」って言われます。

だって、毎食、食物繊維から食べ始めて、シンプルな味付けのタンパク質(ササミやマグロ)を食べるだけですから。

ダイエット本を寝ころんで読んでいて痩せることはナイです。それはただ、知識を高めているだけです。

それを実践しないとねぇ。バナナダイエットでもなんでもそうです。

「これで痩せる」って思ったらひたすら続けることです。

朝、バナナを食べるだけっていうのに、会社に着いたら始業前にコーヒー飲んだりしていませんか?

だって、コーヒーには消化を促進する作用もあるんですから、

朝の1本のバナナをゆっくり消化してほしいのに、

コーヒーで促進させてしまっては「お腹が空き過ぎて動けな~い」っていう人もいます。

もうそれだけで「朝バナナダイエット」は失敗ですよ。

「うさん臭いダイエット」って思ってしまった地点で大幅減量は失敗なんです。

ですから、まずは自分の本気度を推し量るわけではナイですが「うさん臭いと思っている」ことが痩せない原因なのです。

「筋トレで痩せるって運動なんだから当然でしょ」で片付けないで欲しいのです。

でも、この基礎代謝向上ダイエットはだたの筋トレではないのです。

っていっても、ベットの上でポテチ食べながらネットサーフィンしていたら、痩せません。

週2回の筋トレと普段の食事が重要なんですから、そこは実践しましょう。

きっとあなたは「何となく痩せたい」とか、「痩せたらぁいいなぁ」くらいにしか思っていないのではないですか?

TVの世界だから「おデブ芸人」で生活していけますが、生活習慣病は迫ってきます。

石ちゃんこと石塚英彦さんだって、「健康診断は欠かさない」って言っていますよ。

まずは、本当にダイエットしたいのか?じっくり考えてみましょう。

今日はちょっと辛口のダヤン院長でした((+_+))

歪みがあると痩せない理由

 歪みが、筋トレの邪魔をするって本当ですか?ってよく聞かれます。

 ここ数年ですっかり定着している言葉が「カラダの歪み」です。

皆さん、歪みがなんとなく 悪いってイメージがあるようで、気になるようです。

 健康だけでなく、痩せない理由でもあるんですネ。

「痩せない」というか、キレイに痩せないのです。

自分のウエストを左右で見ると、クビレ具合が違うって言う人も多いです。

ですから、そのまま筋トレをやっても、効果が少ないのです。

これはウエストのクビレに限らず、肩の位置が左右で違いがあるとか、 いろいろな歪みがあります。

人のカラダって左右対称に出来ています。

 ですが、生活習慣や、クセで同じ筋肉が酷使されてしまいます。

ですから、酷使さえれている筋肉が、発達していくことと、その反対側の筋肉が使われないことが、歪みを起こして行くのです。

この使われない筋肉を、目覚めさせるのが、大変なんです。

筋肉を目覚めさせるのが、なぜ大変なのか?

人間のカラダって色々な筋肉がお互いフォローをし合っています。使われていない筋肉のそばにはその分、頑張っている筋肉があるんです。

例えば使われにくい筋肉の代表が腹筋です。

ポッコリお腹の原因と、言われるのが「腹筋が使われていないので、伸びたパンツのゴムみたいになっている」ってヤツです

その代わりに背中の筋肉が、頑張っています。

ですから、腰の筋肉がオーバーワークで痛くなっったり、使われない分、ぽっこりお腹になっている人が多いのです。

これを、腹筋を使えるようになると、腰の負担が減って腰痛は軽減されます。

でも、今まで使っていなかった腹筋を使うって言っても、皆さん同じことを言われます。

「私に腹筋が?あるのかな?」って・・・。

あるんです。

人間には、元々あるんです。

でも使われないので、「ナイ」って表現をしてしまうんですけどね。

ですから、まずは「ナイ」っていう腹筋を目覚めさせることから開始します。

ですから、「時間が掛かる」=「痩せにくい」ってことなんです。

皆さんに聞かれる質問では「私は骨がおかしいんですかね??歪みは、骨が歪んでいるのですか?筋肉が、歪んでいるの?」って質問が多いですが、

これは、筋肉が歪んでいるんですね。

骨が歪んでいたら、さすがに「大病」ですから、「ダイエットより、自分のカラダを治してください」ってアドバイスします。

レントゲンでも、写真で撮れるので、「お医者さんに相談してください」って言います。

でも、ほとんど、そんなことはなく、ただの歪みです。

歪みがあると、時間はかかるけど、自分がどういう歪みなのかを確認して気をつけながら、筋トレしていくと矯正になっていいんですよ。

痩せる筋肉が中々つかなくて、なかなか痩せないなあという場合は、歪みをチェックしてみるといいですね!!

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » 2012年12月 のアーカイブ