2012年6月 のアーカイブ | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

ちょっとくらいの熱なら、運動して汗出した方が、楽になる・・・?

微熱のときの運動ってどうしたらいいのか?
でも、そもそも微熱の定義って何度なのでしょうか?

以前、ベストセラーにもなった本でも、「体温を一度あげると健康になる」ってありましけど、現代人って体温が低いんだそうです。

原因は、夏、冬問わずエアコンで、空調管理されていることで、自分でコントロール出来なくなったこととかです。

本来、自分で持っている自律神経が体温をコントロールするんですが、自律神経も使われると、段々機能が低下していくんです。

ですから、時には自分から体温を上げることをしてもイイでしょう。

しばらくすると、自律神経が正常化されて自分で体温をコントロール出来るようになります。

あとは、交感神経優位副交感神経優位の時を作ることです。

交感神経優位の時は、筋肉が緊張して、体温も下がります。
そして、副交感神経優位の時は、筋肉は緩んで、体温も上がります。

赤ちゃんが「お寝む」になると手が暖かくなる。
のも副交感神経優位になっている証拠なんです。

そういう意味では、交感神経優位と副交感神経のスイッチングが
はっきりするほど自律神経も正常化されていきます。

とにかく日本は、冷たい飲み物が多いのも
体温が低くなっている原因のひとつかもしれませんね~。

年中、冷たいビールやウーロン茶などがコンビニでは売っています。

本来、ウーロン茶は暖かい、飲み物なんですけど、日本だけですね。

最近は日本茶も、冷やしてコンビニでは、販売しているくらいですから。
それだけ、日本では「何でも冷やす習慣」があるのです。

ある芸能人なんかは、「アイスクリームの冷たさを堪能するのは口の中だけにしている」そうです。

それだけ、「内臓に冷たいモノを入れたくない」って健康管理をしているくらいです。

こうやって考えると、日本って設備関係では、すべて冷蔵庫のようになっているんですね。

そんなところで生活していたり、食生活をしていれば、
「体温をコントロールする」ことが自分では、出来難くなります。

段々コントロール出来なくなったカラダは体温を徐々に下げていってっしまっているのです。
微熱と言われている体温がもともとの体温なんですね。

そして、この微熱程度が、免疫力の活動を活発にしてくれるのです。
体温が1℃下がると免疫力は30%低くなり,

体温が1℃上がると免疫力は5~6倍高く

なるそうです。

今の体温では低過ぎて自分の免疫力すら活動出来ないでいるのです。

微熱マラソンかいな?

微熱マラソンかいな?


時には「低体温、低血圧」を自慢している人もいます。

ですから、この微熱程度なら、正常と思っても構いません。

逆に適度な運動で筋肉が解れるのと、血液の循環が良くなるので、細胞も活性化されたり、熱も放出しやすくなるのです。

運動の内容によりますが、プールなど、体温を奪われる運動を避けて、体温を向上させるために筋トレを行うのもイイです。

筋肉は、体温を維持、上昇させる熱源でもあるんですから。

ただ、ほどほどに・・・ネ

あ、最近はお医者さんも多少の風邪なら、お風呂に入ったほうがいいというので、うちの嫁は、いつも熱が出ても お風呂に入ってから寝ますね。

もっと熱が出るからやめなさいといっても 僕のいうことは、聞きません。

たまに、ふらふらしてそのままベッドに直行!!そのまま熟睡ですが・・・まあったく・・・苦笑い

モデルダイエットの食事は?

モデルダイエットは、食事のアドバイスもありました。
2度と太らない体をつくるのネーミングでしたので、食事についても、きちんとしたアドバイスがあります。

まあ、筋トレだでは、一過性のもので終わってしまいますからね。
当たり前といえば当たり前ですからね。

今回は、いろいろやっても痩せない、又食事もしっかり食べて、健康管理もしっかりしていくタイプのダイエットを
捜していたので、食事もしっかり入っているというのは選んだ条件の1つでした。

しかも、その食事が基礎代謝をあげる筋肉がしっかりつくものであるというので、楽しみのひとつでした。

最初のセッション前に1時間程、説明があります。

だから、セッションが終わるとその日の夕方から、その食事になるということです。

保存していたものだけ、写真とともにアップしましたので、参考にしてください。

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » 2012年6月 のアーカイブ