痩せる理由 | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

痩せるホルモンを増やそう!!食べても太らないDITって?

汗を噴き出しながら、ご飯を食べている人っていますよね。

「そんな必死にならなくても誰も取らないから」って思いながら見ているんですが、

決して「必死」に食べている訳ではナイようです。

これは、DITと呼ばれる「食事誘導性熱産生」ホルモンなんです。

もっと判り易くいうと、食事をすることでの 咀嚼、食道の収縮、胃の活動で、熱が発生するんです。

まるで、「運動をしている」かのようにです。

臓器からしたら、これは立派な運動ですよね。

でも、これには、個人差があります

更には、朝は最もこのDITが多くて、昼から夕食時には、DITは少なくなっていきます

ですから朝より夜に食べた方が太り易いという理由は、このDITにも関係があるんですね。

単なる、「活動前の食事(朝ご飯)と、あまり活動しない前の食事(夕食)という訳ではナイのです。

このDITも基礎代謝と同じように若い時は溢れんばかりの汗を掻きながら食事をします。

でも、年齢に応じて段々汗も掻かずに食べるようになります。

しかし、このDTIは運動習慣のある人や、筋肉質の人も高いというデーターもあります

ですから、筋トレで筋肉を強化して体脂肪を減らしていくとどんどんDITを分泌させていきます。

こうなれば「食べても内臓が動いてカロリーを消化」してくれるようになります。

当然、食事からのカロリー摂取量より、普段の活動でのカロリー消費量を増やせばイイんです。

それが食べながらカロリーを消費してくれるなんてすばらしい!!って思いませんか?

基礎代謝を高めて、寝ていても痩せるような体質を作りながら、さらには食べて内臓を動かすと内臓が活動することでカロリーを消費するなんてすごいでしょ。

さらにこの食事では暖かいものを食べたり、香辛料を使った料理で汗を掻くのは有名ですが、
もう一つタンパク質をたくさん食べるとDITが高くなります。

そして、このDITと同時にUPC3もダイエットには欠かせないホルモンなんです。

このUPC3と似たようなホルモンでUPC2があるのですが、これは遺伝性のホルモンなので持ち合せることが出来ません。

しかしUPC3は自分で作り出すことが出来るのです。

ではまず、UPC2って何?って話からですが、これは食べても、食べても太らないホルモンなんです。

有名なのは「ギャル曽根」ちゃんですね。

彼女は家系から大食い家系なんです。
お姉さん弟さん、も大食いなんです。

でも、だれも太っていません。
それはUPC2を遺伝的に持っているからなんです。

でも、「遺伝だから」で片付けられてしまうと、どーしようもありませんね。

でも、憧れのUPC2に似た物質を分泌させることは出来るのです。

まずそのダイエットホルモンがUPC3なんです。

しかも、これがDITホルモンと相互作用を起こして増殖していくんですから、魅力的ですよね。

ではどうやってUPC3を分泌させるか?簡単です。

無酸素運動によって分泌されていきます。

無酸素運動でUPC3を目覚めさせ、DITと一緒に増殖させていくんです。

これで、ダイエットホルモンを体内に植え付けることが出来るのです。

「無酸素運動」っていうと、妙に体育会系にポイですけど、ダイエット目的の筋トレも立派な無酸素運動なんです。

つまり、筋トレで、基礎代謝のアップと、UCP3の分泌を促進させるのです。

これなら、基礎代謝アップのための筋トレと、別にUCP3の分泌をさせる為に「何かをする」わけではなく、筋トレがUCP3の分泌促進に役立っているんですね。

どのように最大限発生させるのか?が モデルダイエットの決め手かもしれませんね

ダイエットするには、基礎代謝を狙う!!【ダイエットと基礎代謝の関係】

ダイエットの王道といえば、断食ってすぐに浮かびますよね。

単純に摂取量を減らして、普段の活動をすれば、痩せるって考える人が多いです。

確かに、「摂取量 対 カロリー消費量」ですからね。

でも、最近はTVでもダイエットに成功した芸能人が「綺麗に痩せたいのなら、断食しちゃダメ」ってハッキリ言うようになりました。

栄養不足状態では、綺麗に痩せないってことです。
どうせなら「綺麗に痩せたい」でしょう。

更に 「摂取量 対 カロリー消費量」、といえば、運動で痩せるのもそうですね。

今度は食べない代わりに、運動で活動代謝を消費するってことです。

でも、例え1時間のジョギングでも、使うカロリーはおにぎり一個に満たないのです。

摂取量を抑えるのもダメ、運動でカロリー消費もダメって、どうしたら良いのって迷いますよね。

では、「何をすれば良いのか?」

それは、基礎代謝を狙うのです。

基礎代謝とは何か?の説明が必要ですね。

基礎代謝とは、生活をするのに必要なエネルギー代謝のことです。
「心臓を動かす」とか胃腸を動かすとかがそうです。

心臓を自分の意識で止めることは出来ませんよね。

胃の消化作用を止めるとか、小腸のぜんどう運動を止めることは出来ないですよね。

これらは生きる為のエネルギー消費です。

つまり、なんの意識もなく使われるエネルギーのことを基礎代謝っていうのです。

でも、そんな意識もなく使われるエネルギーをどうやって高めるのか?

その前に、基礎代謝の例で言ったように、心臓、胃腸(内臓)の活動でのエネルギー消費ですから、鍛えようがありません

でも、この臓器のなかには、筋肉も入っているのです。

「筋肉が基礎代謝なの?」って思う人もいるでしょ。

でも、筋肉は運動するときだけではなく、体温を維持することや、外からの障害から、身を守る防具の役割もしているのです。

ですから、筋肉は基礎代謝の部分に入るのです。

筋肉を鍛えるのはすぐイメージが付きますよね。
筋トレです。

筋トレで筋肉を鍛えることで、基礎代謝のアップをさせるのです。
クルマで言う「燃費の悪いクルマ」のイメージです。

基礎代謝のアップで、寝ていても痩せるカラダを目指すのが一番良いダイエットです。

もちろん、モデルダイエットは基礎代謝アップを狙って、りばうんどしにくいのです。

ダイエットと朝ごはんの関係?!

皆さん、忙しい中で、朝ご飯を食べるのって難しそうです。
でも、「この朝ご飯を食べることがダイエットへの道」だとしたら頑張れますか?

この朝ご飯を食べるか?食べないかで、何が変わるのか?不思議ですよね(´・_・`)???

朝ご飯を食べずに会社に出社したら、お昼までは何も食べないでいる状態ですよね・・・。

でも、仕事はしなければいけないですから、どこからエネルギーを摂取していると思いますか?

これが問題なんです。

この、何も食べていない間のエネルギーは、筋肉から奪っているのです。

これは、空腹時に分泌されるコルチゾルというホルモンが筋肉からエネルギーを奪うのです。

ですから、朝ご飯を食べないで昼までいると、筋肉が痩せていくのです。

さらに何も食べないでいるとどんどんとコルチゾル量が増えていきます

そして・・・やっと昼食です。

すると、今度はインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンは糖尿病で有名な物質ですね。

このインスリンは、食事によって糖質は血液中に増えるのが血糖値が上昇した状態です。

ですから、この血糖値を一定に保つのが、インスリンの役割です。

インスリンは、この血糖値を一定に保つために糖分を脂肪として貯蓄されるのです。

つまり、朝ご飯抜きで、どんどん、コルチゾルが筋肉を削ってエネルギーとして活用して、
昼食をやっと取ることで、インスリンが、脂肪としてエネルギーを貯蓄するんです。

筋肉をどんどん削ってその隙間に脂肪が入り込むようなイメージです。

ですから、朝ご飯をとることで、コルチゾルの分泌を抑えるのです。

どんどん分泌されるコルチゾルって言いましたけど、「どんどん」分泌された分だけ振り子のように「どんどん」インスリンが分泌されてしまうのです。

ですから、朝、起きたときはまだ「ほどほど」のコルチゾルの分泌量ですから、

このときに、朝ご飯を食べることで「ほどほど」分泌されるインスリンにするのです。

これで、朝ご飯が正常にエネルギーとして使われていき、筋肉から、エネルギーを奪うこともありません。

折角、基礎代謝を上げるために筋トレをやって、寝ていても痩せる体質を作っているのに、

朝ご飯抜きにしただけでその筋肉を削ってしまうんですから、勿体ないですよね。

ダイエットの天敵コルチゾールがわからない人はこちら

タンパク質は筋トレのあと?前?いつとるのがいいの?

ダヤンです。。。最近、毎日溜まっていたコラムを頑張って書いています(>_<) タンパク質は筋トレの後がいいのか?前がいいのか?一体、いつとるのが一番筋肉になるの?って、ピン☆クーさんから軽く質問されましたが、

そうですね。。。ピン☆クーさんにとっては、どれがいいんでしょうかね?一緒に考えてみましょう・・・。

食事で大きなテーマというか?この筋トレダイエットでは重要なのがタンパク質なのはここ毎日タンパク質について書いてきたので、重要性はわかってきていますよね?

これは、以前、自分の体重○○kg→○○gに換算して食べてくださいって話をしました。

では、このタンパク質を食べるタイミングは?

疲労回復に、ビタミンBといって、豚肉とキャベツを食べるとイイって有名ですよね。

でも、今回は疲労回復がテーマではナイですよ。

筋肉を作るのがテーマです。

実は、筋トレ前の栄養摂取の重要性は、あまり知られていません。

その前に、運動前にお肉とか、重たい食事自体ツライと思います。

「食べた直後に走ったら、食べたものが全部出る(戻す)」ってイメージですよね。

しかし、筋トレ前のタンパク質の摂取は筋肉を発達させるためには超重要なタイミングなのです。

普段と言葉使いが変わりますが、「超重要!!」なんです。

筋トレ前のタンパク質の摂取をするかどうかで、筋肉の発達効果は大きく変わってくるのです。

なぜそれほどまで筋トレ前のタンパク質が重要なのか?と言うと、

それは・・・

筋肉の成長をうながす準備を整える目的があるからです!

筋肉の成長をうながす状態に保つって何?って思うでしょ。

筋トレ前の段階から回復を促進するための栄養素(食べ物)を補給しておけば、ホルモンの働きによって筋肉の合成の促進が得られます。

筋トレのあとの「超回福」が違うのです。

筋肉痛(筋破壊)のあとの筋肉の成長が超回複が違うのです。

筋トレ前に栄養を補給すれば同化ホルモンの分泌をより高め、栄養素の筋肉への取り込みをより促進させる。

これにより、筋肉の成長がうながされる状態になるのです。

ですから、筋トレ前のタンパク質の摂取は大事になるのです。

ですから、筋トレ前の1~2時間前くらいに、タンパク質を食べるとイイですね。

ある意味、予習みたいな感じであらかじめ準備をしておくのが、やはり何事も効果的ってことですね。

これなら、「食べた直後に走ったら、食べたものが全部出る(戻す)」って言うほどではナイですね。

さらには筋肉へのマイナスの影響を抑える効果があります。

筋トレ前のタンパク質の摂取は筋肉の分解(異化作用)と筋グリコーゲンの消費を抑える効果があるのです。

これにより、長時間にわたりハードなトレーニングが行えるとともに筋肉の分解による筋肉へのマイナス効果を抑えることができます。

結局、ピン☆クーさんは、後と、前と両方食べているので、質問されても、あまり関係ないような気がしますが・・・

筋トレ後の効能のについては、又後日、話すこととしましょう(´・_・`)

モデルダイエットの筋トレで痩せていく体のしくみって?

最初は、みなさん筋トレを嫌がります。
マッチョになると誤解するからです。

女性ですから、マッチョには成りたくないからですよね。

でも、モデルダイエットの筋トレではマッチョにはなりませんねえ~。

とくにプロテインなどを勧めている訳ではないですから
あくまで自然食+筋トレで、ダイエットをしていくんです。

でも、自然食で、充分体内での栄養吸収が良くなるので、プロテイン要らずで体質が変化していくのです。

でも、食事だけでは、あまり、変化がありません。
必ず筋トレを入れないと効果が現れにくいのですね

筋トレをするとその刺激が神経や脳を経由して体内の器官に届き、

テストステロンや成長ホルモンなどの分泌量が増加して血液に乗って全身を巡ります。

成長ホルモンは、さらに肝臓でインスリン様成長因子を分泌させます。

テストステロンやインスリン様成長因子などのホルモンや因子は、

タンパク質を合成しろという指令を持っています。

ですから、「タンパク質は、しっかり摂取してください」って言われます。

血中のアミノ酸をタンパク質つまり筋肉として合成ようとするからです。

じゃあ、具体的にどれだけのタンパク質を食べればいいのか?
自分の体重○○kg(キログラム)→g(グラム)に換算するのが簡単です。

体重60kgの人は60gのタンパク質ってことになります。

もちろん、「良質のタンパク質であること」です。
脂肪たっぷりの「サーロイン」や「中トロ、大トロ」ではダメですよ。

例えば、良質のタンパク質代表が「鳥のササミ」魚では「マグロの赤身」などですね。

実践しているオバサマ達には「ササミは苦手」とか、「ササミはワンちゃんのエサに入っているから嫌」って人もいますが、

最近の鳥ササミは食べやすくジューシーですよ。
(調理次第でしょか?それとも品種改良で?)

品種改良でジューシーになった = 脂がノッテいるので、ちょっと心配ですが、

今のところこれが1番の低カロリー、高タンパク質ですから、お勧めしています。

と、少し話がソレたので戻しますね。

最近では、乳酸は心臓や筋肉のエネルギーとして再利用されることが分かっってきています

つまり、「回復物質」として見られることが普通になってます。

成長ホルモンも同じで、強い負荷を与えた場合、分泌量が増えるために、筋肥大に関連するホルモンであると思われていた時期もあります

でも 一番分泌量が多いのは残念ながら、幼少~青年の成長期です。

これを、食事と筋トレで 体の変化を起こして痩せていくしくみがモデルダイエットです。