アルコールとダイエット | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

アルコールが2倍太る理由(´Д` )

お酒の季節?突入です。

もうすぐ12月、忘年会シーズン&クリスマスなど あなたは何回参加しますか?

なかには、「毎週」って言う人もいますか?

会社が終わった後でしょうか?それとも、休日のお昼でしょうか?

どちらにしても、食べ過ぎ、飲み過ぎには、注意ですね。

特に、アルコールや、デザートには注意です。

でも時間帯で当然蓄えられるか、そのあとからの活動で消費されるか?で分かれます。

当然、昼のランチパーティーのほうが、寝るまでの時間が多いので太る可能性は低いですね。

「でも、そんな休日の昼からアルコールはちょっと」っていう罪悪感も多少あるようですが・・・(>_<) ちなみにうちの嫁は、お昼のアルコールは大丈夫って・・・飲みすぎて(๑≧౪≦)てへぺろ 状態になります。笑 では、アルコールの種類ではどうでしょうか? アルコールの種類で太りやすい、太り難いがあるのでしょうか?

簡単にアルコールの説明からしますね。

アルコ-ルは醸造酒と蒸留酒に分類されます。

醸造酒は日本酒、ワイン、ビールなど、発酵をさせて作るお酒です。

蒸留酒は、焼酎、ウイスキーなどですね。

醸造酒からアルコール分を気化させて作るお酒です。

アルコール自体には、カロリーはナイのですが、醸造酒の場合はその原材料(米や麦、ブドウなど)や、蒸留酒ではお酒を薄めるもの(チューハイや●●割りなど)にカロリーがあるので、

結果として、カロリー摂取になります。

そして、アルコールには食欲を増す作用があるから普段より食べてしまうという人も多いです。

居酒屋メニューには、油モノが多いとか、レストランでのお肉も程よい?脂がノッテいる部分が多いので脂肪摂取になります。

それもアルコールの力が食欲を増やしているので、より摂取することになります。

そして、アルコールの課題が肝臓機能をフル稼働させることです。

肝臓はアルコール分解物質のアセトアルデヒドの解毒に一生懸命なんです。

そして、肝臓を動かすエネルギーはタンパク質なんです。

ですから、筋トレのために食べていたる低カロリー、高タンパク質料理も肝臓に使われてしまうんです。

せっかく、基礎代謝を上げる筋トレや、筋肉の原材料になるタンパク質を食べていても、肝臓での解毒や修復に使われているなんて勿体ないですね。

さらに、忘年会のお酒って冷たいビールや、氷で冷やす焼酎が多いですよね。

この「冷やす」が余計に太ることになるんです。

お肉屋さんで売っているラードって常温では白い固まりですが、熱すると溶解しますよね。

ラードって豚の脂肪ですが、これは人の脂肪にも言えることで、冷えれば固まり、活動すると体温で溶解するのですから。

結果「冷え」が脂肪を溶解し難くするんです。

ですから、冷やさないようにして太らないような体にしないといけないのです。

ま、せめて 焼酎ホット か ウーロンハイの方がベストですね~

頑張って乗り切りましょう(^O^)

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » アルコールとダイエット