たるみとダイエットの関係 | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

体がブルドック。。。たるむ原因

ダイエット予備軍それが「たるみ」です。

人間は重力のある空間で生活しています。

ですが、普段はそんなこと(重力)感じませんよね。

でも、体は正直なんです。

あなたのたるみで気になる部位はどこですか?

二の腕?内モモ?顔?と様々ですね。

夏に気になるのは二の腕、顔は年中?気になるでしょうか

二の腕、内モモのたるみは、筋力ダウンが原因です。

この2か所の筋肉ってなかなか使うときがナイのです。

というか、普段、使っていることを感じ難い筋肉なのです。

二の腕はたるむと通称「振袖」って言われるくらいです。

この二の腕は「上腕二頭筋」と呼ばれる筋肉です。

この筋肉は腕を伸ばすと縮まり、腕を伸ばすと伸びる筋肉です。

この部位は反対側にある「上腕三頭筋」が目立ってしまいます。

そう、「力コブ」で有名な「上腕三頭筋」です。

ここは鍛え甲斐のある筋肉なんですね。

しかも、この「上腕三頭筋」が使いやすい筋肉ですので、便利に使ってしまいます。

でも、その分、使われない上腕二頭筋はどんどん退化していくのです。

そして内モモのたるみも同じように筋肉を使わないからなのです。

この脚の筋肉は前側になる大腿直筋や外側広筋が、使われやすい筋肉なんですね。

その分、内側の長内転筋が使われないのです。

つまり、二の腕や内モモがたるむのは、筋肉が使われずに退化してしまっているからなのです。

筋肉ってどうしても、使いやすい部位を使う習性があるんです。

二の腕の筋トレって結構難しいんですよ、形は出来ていても、ホントに上腕二頭筋に聞いているのか?分かり難いのです。

どうしても三頭筋が使われているって思ってしまうんですね。

それほど、使っている感のナイ筋肉なのです。

そして、内モモのほうは、歩き方の改善で解消出来ます。

普段の歩き方では、きっとカカト→土踏まずの反対側→小指→親指って体重移動を、

カカト→土踏まず→親指の順番で体重移動させていくと脚の内側にちからが入るようになるので、筋肉も目覚めていきます。

そして、顔のたるみは、首コリが原因なんです。

首の筋肉が凝ってしまうと、デコルテのほうに引っ張られてしまうので自然と頬も引っ張られてしまうのです。

クビのサッマージなどをすると、「キュッ」と小顔になるのは引っ張られていた頬が上がるからなのです。

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » たるみとダイエットの関係