細胞が入れ替わる周期 | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

細胞が入れ替わる周期

細胞の周期っていえば一般的なのが「お肌」ですね。

「28日サイクルで入れ替わる」ってヤツです。

周期とは別にキズを治したり、爪が伸びたりするのも、細胞に周期なんです。

良く「年だからキズが治り難くってぇ」とか、「知らない間にアザが出来ている」とかも細胞の新陳代謝で片付けられていますが、細胞の周期と関係しているのです。

この、細胞周期が鈍くなっていくと、キズが治り難くなったり、アザ=内出血が勝手に出来て、治り難くなったりするのです。

つまり、お肌だけでなく、体内でも細胞が入れ替わっているのです。

体内で有名なのは、骨ですね。

破骨細胞(破壊)と骨芽細胞(創造)の繰り返しによって成長していきます。

この新陳代謝は細胞一個一個が行うものなんです。

そしてこの細胞を作っている原材料が、水とタンパク質と脂質です。

細胞の活動を支えているのが、酸素、ビタミン、ミネラルと、カラダの中で合成される酵素、ホルモンです。

そして、筋肉や内臓も細胞で作られているのは間違いありません。

ですから、筋肉も細胞の入れ替えが行われているのです。

人間の細胞はタンパク質で出来ていますからやはり良質のタンパク質を必要とします。

この細胞の交換をするときにより良質な細胞に変換させるために必要なのです。

この細胞の交換がされないと俗にいう「老化」ってやつです。

そこまで言わなくても、「ケガが治り難い」とか。「アザが消えにくい」とかも細胞の交換がされにくい証拠なんです。

そして、この細胞交換がより良質のモノに交換するためには、良質のタンパク質が必要になるといわれています。

そして、この細胞交換に必要な時間は部位ごとにさまざまです。

お肌は28日というのは、先ほど言いましたが、筋肉は3か月と言われています。

そして、心臓も平滑筋肉(ヘイカツキンニク)という、ベルト状になった筋肉が「クルクルッ」と巻いてあるだけなんです。

本当にベルトを保管しているように。

ですから、心臓の細胞交換サイクルも3か月です。

そして、こちらも、より良質の筋肉を作るためには、必要なのが、良質なタンパク質です。

さらに、酵素です。

この酵素が化学反応を起こすことで、食べ物のタンパク質を血となり筋肉になるのです。

酵素やホルモンがなかったら食べ物を分解したり合成したりすることは出来ません。

最近話題の「塩麹」は肉を柔らかくする効果などもあります。これも化学反応の一種なんですね。

話を元に戻すと、酵素のチカラで、肉を分解して、アミノ酸にして血液から、栄養として筋肉に運び込まれます。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

コメント投稿

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » ダイエットコラム » 細胞が入れ替わる周期