ダイエットに関係するっていう基礎代謝って何ですか? | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

ダイエットに関係するっていう基礎代謝って何ですか?

今、注目の基礎代謝・・・ダイエットが気になる人で、この言葉を知らない人はいないんじゃないかしら?

最近のダイエットでは重要性がTV番組でも、取り上げられるようになりましたしね。

お母さん世代の人が「代謝が悪いから、ケガが治らなくって困る」って聞きますが、この時の代謝と基礎代謝は違うのか?って質問も多いのです。

その時の代謝っていうのは、新陳代謝のことです。
(理科の授業でやった細胞分裂とか、田舎育ちの僕には、トカゲのしっぽが再生するイメージします。)

じゃあ基礎代謝って何か?って話ですね。

基礎代謝とは、寝ていても消費されるエネルギーです。

では、そのエネルギーは何?かというと、最近はファミレスでも表記されているカロリーです。

ということは、寝ていてもカロリーを消費してくれるのが、基礎代謝です。

どうして、寝ていてもカロリーを消費してくれているのか?

それは、心臓を代表されるように寝ていても動いていますよね。

このように、寝ていても仕事をしている臓器がカロリーを消費してくれているのです。

他にも、肺なども活動しています。(起きている時よりもちょっと休憩していますけどね。)

これからの、「寝正月で、太った・・・」ってことは基礎代謝量が減っている証でもあるのです。

お正月料理はカロリーが高いとはいえ、そんなに体重に現れることはナイのですが、中にはそういう悩みを抱えている人もいます。

でも、皆さん「頑張ってダイエットしても昔より痩せにくくなってる」って悩みを聞きます

「そんなに食べてないのに、水だけでも、太ってしまう」とか、「空気、吸っているだけで太る」って、ボヤいている人もいますね。

確かに、臓器って機能は年齢とともに落ちていきますよね。

機能低下は否めないですが、でも、自分の力で、機能アップさせられる臓器があるんですよお~。

これって臓器?って思うかもしれませんが、筋肉が機能アップを出来る臓器なのです。

でも、意外にも、筋肉の機能アップをすることで、内蔵機能もアップしていくのです。

その代表が腹筋です。腹筋が緩んで、内蔵が下垂してしまうと、胃腸の調子がわるくなったりもします。下垂すると、下っ腹がポッコリになったりします。

でも、腹筋を鍛えることで、「キュッ」とお腹周りが引き締まります。

同時に内蔵もお腹の中で正しい位置に戻ろうとします。

これで、消化機能が正常化していきます。

他にも、大胸筋の筋トレなどで、猫背が改善されたことで肺の機能が向上して、より呼吸が深くなるので酸素がたくさん取り込めるようになって頭痛が解消した。ってこともあります。

このように、基礎代謝で鍛えられる部位は筋肉量を増やす筋トレしかないのですが、
筋トレによって、内蔵機能も段階的に向上していく
のです。

これで、生きるためのエネルギーがどんどん向上していって、痩せやすい体になっていくのですが・・・わかったかな?

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

コメント投稿

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » ダイエットの神様?基礎代謝について, ダイエットコラム » ダイエットに関係するっていう基礎代謝って何ですか?