噛むこと、脳の働きダイエットの関係 | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

噛むこと、脳の働きダイエットの関係

食事での咀嚼(ソシャク)回数と満腹中枢の話は有名ですよね。

噛む回数を増やすことで少ない量の食事でもお腹いっぱい食べた感を出すのです。

最近話題の「タニタ食堂」も同じ考え方です。
ただしタニタ食堂はかなり大き目のゴツゴツ野菜を食べる感じになりますけどね。

でも、実際、噛む回数を増やすのを実践してみると、「一口の量が多いなぁ」って感じがします。

噛み続けると目標の噛む回数まで届かず飲みこんでいるのです。

それを考えると、「一口で入れる量が多いのか?」って気が付きました。

目標30回!で噛もうとすると、口の中が「もこもこ」になってしまって遂、飲みこんでしまいます。

そういう意味で、一口で口に運ぶ量が減らしました。

これなら、目標30回を到達出来ますよ。

ですから、これから始めようとする人には、口で運ぶ量を通常の半分にすることです。

これで、口の中がもこもこにならずに出来ます。

さらに、通常の半分の量を口に運ぶので、食事時間も2倍ですよね。

さらに、スローフードになります。

これで胃腸への負担の減るので、内臓機能のアップにもなります。

もともと、胃の弱い方には、お勧めです。

内臓機能を高める=基礎代謝の向上にも繋がりますからね。

でも、「最初はアゴがめっちゃ疲れる」ってみなさん言われます。

それだけ、普段、固いものを食べていない証拠なんでしょうね。

さらに、咀嚼回数で血糖値が変化するって話もあります。

咀嚼回数が少ないと血糖値が上昇しやすくなり、咀嚼回数が多いと血糖値が上がり難いというデーターもあります。

血糖値が上がり難いってことは、インスリンの分泌が少ないってことですから、

食事というエネルギーチャージ分を脂肪として溜め難いんですから、より摂取したエネルギーを使い切るようになるのです。

しかも、タニタ食堂のメニューのようにゴツゴツ野菜なら、以外と塩分が薄まってくれるので、塩分も控えめになるのです。

野菜不足と、塩分過多の現代の食事には、すばらしい食事と、食べ方なんですよ。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

コメント投稿

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » ダイエットコラム » 噛むこと、脳の働きダイエットの関係