食べても太らないとはどういうことか? | キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

骨盤タイプが分からない方へ

骨盤タイプによって、骨盤をまっすぐにする姿勢にするストレッチが違います。 自分の骨盤がわからない方は、ダヤン院長に写真を送って聞いてみてから初めてくださいね(-^〇^-)

レビュー一覧バナーリンク

  • カテゴリーなし

食べても太らないとはどういうことか?

順調にダイエットが進んで、痩せて綺麗になったあと、どうやってこの体を維持していくか?という悩みが発生するようです。

旅行を制限していたり、食べ物をお弁当や、外食さえもやめていて・・・

成功したあとは、色々な所へ出かけたくなります。

我慢していたものを成功後に食べたくもなります。

今までは、「自分の醜いカラダを見られたくない」って思いから、引き籠り気味だったのですが、体型の変化から自信が出てきたのか?
「お出掛けがしたい。」「旅行に行きたい」って考えが変わってくるようです。

考えの変化は大事ですね。

今まで、スウェットがユニフォームになっていたのが、「こんな服を着たい、あんな所に出掛けたい」って気持ちになりますから。

その代表が「旅行」です。

友達との旅行ってどうしても食べ歩きが多くなります。

運動は、ほとんど無しのクルマで移動して食べ歩きではちょっと心配になります。

これくらいから、又もとの太っていた生活習慣に戻りつつあるとき、「折角ダイエットしたのは何のため?」って自問自答が始まります。

成功したあとに、戻るいわゆるリバウンドっていう言葉ですね!!

でも、モデルダイエットでダイエットに成功した人には大丈夫です。!!

これまで、食べる順番や、咀嚼回数など、徹底指導や日頃の筋トレでの基礎代謝アップのおかげで消費しやすいカダラになっているのです。

ですから、どれだけ食べても安心です。

ただし・・・作った筋肉分ですけど・・・ネ

返って消費しやすいカラダですから、一緒に行った友達よりもたくさん食べてしまいます。

お友達が「お腹いっぱ~い」ってギブアップしても、平気なんですよ。

しかも、食べ物の教育というか、筋トレセッション中に食べ物についても、いろいろ話をするので「何を食べていいのか?」なども判断出来るようになるのです。

そして、筋トレ効果は筋肉ばかりだけでなく、内臓にも効果が現れるのです。

ですから、より吸収力を高め、吸収した分を有効利用しようとしていくのです。

しかも、普段の筋トレで引き締まったお腹で、内臓下垂が解消されているので内臓機能が正常化されています。

この内臓の正常機能と、食べる順番からお通じも良くなります。

もともと、脂肪は何故あるのか?って考えれば、食事に困った時に脂肪をエネルギーに変換して、生命活動を続けるためです。

筋トレダイエットと食事改善で、基礎代謝のアップと筋肉が目覚めることで脂肪を燃焼しやすいカラダになった人には、結構楽しみながらの食事の日に暴飲暴食も大丈夫っていう声を結構ききますね~。

でも暴飲暴食を続けるのはダメです。あらかじめ、予定で旅行や食事が入っているのなら、食べる時は食べるその分、

前後の食事を控えて「プラスマイナス”ゼロ”」にすることです。

ダイエットに成功した人であれば、これは容易いことです。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記

コメント投稿

キレイ痩せする劇的モデルダイエット体験日記 TOP » ダイエットコラム, ダイエット効果の謎, ダイエット成功後 » 食べても太らないとはどういうことか?